市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

目次

不眠症を改善するためには?
『睡眠改善薬』と『睡眠薬』の違いとは?
実際の効果に違いはあるの?
『睡眠改善薬』と『睡眠薬』どっちがいいの?
『睡眠薬』を通信販売で購入

ベッドに入ってもなかなか寝付くことができない、夜中に何度も目が覚めてしまう、予定起床時間の数時間前に起きてしまう。

上記のような睡眠トラブルは決して特別なものではなく、日本人の5人に1人の割合で何らかの睡眠トラブルを抱えていると言われています。

当然、睡眠トラブルが長く続けば日常生活にも支障をきたすようになるでしょう。そうなってくると、不眠症や睡眠障害などと診断されます。

不眠症や睡眠障害を改善するための睡眠薬

眠れなくて飲む

不眠の解消法は色々あります。オーソドックスで簡単にできる方法としてはお酒を飲んだり、お風呂に入ってリラックスしたり。

方法は非常に豊富にありますが、最も効果的な方法としてはやはり睡眠薬の利用が挙げられます。

※ちなみに眠るための飲酒は睡眠の質を低下する怖れがあるため、不眠対策としては適していません。

不眠症の有効な改善方法はこちらから。

以前と比べると現在は薬局やドラッグストアなどでもお手軽に睡眠薬を購入できるようになっています。

そのため、薬局で購入した睡眠薬を使っているという方も増えています。

ですが、この薬局やドラッグストアで市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではないということをご存知でしょうか?

市販されている睡眠薬は『睡眠改善薬』と呼ばるもので睡眠薬とは異なるものです。

逆に、医師の処方が必須となるのが『睡眠薬』と定義されています。

では、この『睡眠改善薬』と『睡眠薬』の違いは一体何なのでしょうか。

『睡眠改善薬』と『睡眠薬』の違いを知って効果的に使おう!

睡眠障害を解決する薬・錠剤

    含まれている成分

です。

成分が異なっているので、睡眠へと誘う作用も大きく違っています。

代表的な睡眠改善薬は抗ヒスタミン薬を主成分としていて、花粉症やハウスダストといったアレルギー治療にも使われています。

花粉症などで薬を使って治療を行った経験がある人の中には、薬を飲んで眠気を感じたことがある人はいるのではないでしょうか。

これはアレルギーの治療薬に含まれている成分のジフェンヒドラミンと呼ばれる成分の効果になります。

このジフェンヒドラミンは、体や脳を覚醒させる役割を持っている体内物質ヒスタミンの働きを抑制する効果あります。体や脳の覚醒が抑制されることによって、眠気という副作用があらわれるのです。

睡眠改善薬はこの副作用を主に置いたものになります。

副作用で眠くなるのだから、それを主作用として睡眠導入薬として使えるというわけです。

では、病院で処方される睡眠薬はどうでしょう。

病院で処方される睡眠薬の多くは脳に直接作用する「向精神薬」と分類されるものになります。

脳に直接作用するため、適切な用法用量を守らずに使ってしまうと非常に危険になるわけです。

そのため、睡眠薬は医師からの処方が必須となっているわけです。

こうして処方される睡眠薬は心を落ち着かせる鎮静効果や睡眠を誘発する効果があることから、不眠症の他にもこころの病にも使用されています。

睡眠薬は脳に働きかけることで「直接的」に眠気を誘うお薬です。

そのため、睡眠改善薬に比べて睡眠薬はよりダイレクトに睡眠へと誘う効果を持っており、その効果も強くなっています。

『睡眠改善薬』と『睡眠薬』の違いはこころ(精神)に直接作用するか、しないか、ということなのです。

実際の効果に違いはあるの?

睡眠薬を飲む

市販されている『睡眠改善薬』と医師の処方箋が必要な『睡眠薬』を比べると、不眠症に対し高い改善効果を持っているのは『睡眠薬』です。

脳に直接作用する分、高い効果を持っている反面、その強力な眠気そのものがデメリットとなる場合もあります。

また、使用に際しては服用量や使用を止めるときの減薬方法など服用する人の症状や状態を見て臨機応変に変える必要があります。

そのため、睡眠薬を服用する場合は、自分の不眠タイプをしっかりと把握し、使い方も熟知していることが望ましいと言えます。

一方、睡眠改善薬は睡眠薬にくらべ様々な面でのリスクは少なくなっています。

そのため、誰でも比較的安心して安全に使う事が出来るようになっています。

しかしながら、睡眠効果自体は睡眠薬に比べると低くなってしまうため、重度の不眠症の方はあまり改善効果が見られないこともあるようです。

『睡眠改善薬』と『睡眠薬』どっちがいいの?

不眠症を治そう

『睡眠改善薬』と『睡眠薬』にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

メリットやデメリットと共に、自分の不眠の症状やタイプに合わせて選ぶことが重要になります。

『睡眠改善薬』のメリットはなんと言っても入手が容易であることでしょう

近所の薬局などでお手軽に購入する事ができ、価格に関しても安いものであれば1,000円前後で販売されているため、費用的な負担も大きくありません。

しかし、市販されているものは容易に入手可能なことから、使用頻度が多くなってしまう事で耐性がついてしまったりすることもあるようです。

デメリットは、睡眠効果がそれほど強くないということ。

軽度の不眠症や眠れない時に一時的に服用するといった使い方が良いでしょう。

その分、副作用のリスクも睡眠薬よりも小さいのでとりあえずはこちらから試してみて睡眠が改善されなければ睡眠薬というような使い方をすると良いでしょう。

『睡眠薬』のメリットはやはり不眠症の改善効果が高いという点です。

日常的に不眠症に悩んでいる方に対しても、高い効果を発揮します。

デメリットは手に入れるのに手間がかかってしまうということ。

睡眠薬の入手は基本的に、医師の処方が必要なため通院の必要もあり一度に処方される量も限られています。

ですが、その手間に見合うだけの効果を実感することができるものなので、睡眠改善薬でも不眠が改善されない場合には睡眠薬を使ってみてはいかがでしょうか

『睡眠薬』を通信販売で購入

通販(個人輸入代行)を利用すれば簡単に睡眠薬を入手することができます。
スマホでセルフチェックする

先程、医師の処方箋が必要という話をしましたが、個人で使用する場合に限り、医薬品の輸入は違法でないと国からも認められています。

これは薬機法(旧名:薬事法)という法律の中にあるもので、医薬品の個人輸入が違法ということもありません。

ただし、個人の使用目的に限定されているため、他人への譲渡や販売をしてしまうと違法になってしまうので、注意しましょう。

また使用に関しても、個人の自由ということになっているので輸入や服用後のトラブルに関しては全て自己責任となっています。

睡眠薬の通販について詳しいことはこちらのページでも紹介しています。

オススメの睡眠薬やサプリメントも紹介しています。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?

市販薬

睡眠薬を大量に飲むとどうなる?どれくらい危険?

商品ごとの特徴をもっと知りたい!

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

バスパージェネリックのことをもっと知りたい

ルネスタジェネリック

ルネスタジェネリックのことをもっと知りたい

メラトニン

メラトニンのことをもっと知りたい

ハルシオン

ハルシオンのことをもっと知りたい

マイスリー

マイスリーのことをもっと知りたい