通販サイトで購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

睡眠薬はネット通信で購入できる?

スマホでセルフチェックする医薬品は医師に処方してもらい、一般薬は薬局などで購入する。それが今までの常識でした。
医薬品を医師の処方無くして手に入れることができるのを知らないからこそ、そうしたことが当たり前でした。

しかし、今は医師の処方が無くても睡眠薬を手に入れることができるようになっているんです。
その方法というのが、ネット通販です。
こちらは普通のネット通販ではなく個人輸入代行と呼ばれるサービスになります。

通販を利用することで、自分が欲しいと思った睡眠薬をネットで簡単に購入することができるようになっているので
睡眠薬が欲しいけど、処方してもらうのが大変だったり面倒な時にはとても役立ってくれます。

特に睡眠薬は、毎日使ったりするものですから、消費は早いのでなくなるたびに病院で処方してもらう必要があります。
毎回、病院まで足を運んで処方してもらうことも、自宅の近くに病院があったりすればいいですが遠い場所にしかないとなるとそれも一苦労。
更に、仕事帰りに気軽に寄れなかったりすると余計に、処方してもらうための手間がかかります。

不眠は睡眠薬で解消されても、その睡眠薬を処方してもらいに行くことが新たなストレスとなってしまう事もあるわけです。

そんな時に役立ってくれるのがネット通販というわけです。

通販サイトの利用と同じ感覚で使えちゃう

アマゾンと同じ感覚で個人輸入代行と呼ばれるサービスですが、その名称だけ見ると難しそうと考える人もいるでしょう。

海外から何かしらの商品を個人で輸入したことがある人であれば比較的容易に想像できるかもしれませんが、そうした経験が無ければ余計に難しそうに見えるでしょう。

私自身も、実際に利用してみる前は全く同じことを考えました。

更に、実際に睡眠薬が手元に届いてからも不安があったのを覚えています。海外からの輸入になるので届いたのが偽物の睡眠薬だったらどうしよう。

というような不安がどこかにあったわけです。ですから、薬がちゃんと届くだけではまだ不安が取れないわけです。

私の場合は、実際に届いた睡眠薬が病院で処方してもらっていたものと同じで、効果に関しても何一つ変わること無く実感できたのでそれからは、通販(個人輸入)の方をメインで利用しています。

時間に縛られない上に、価格も病院で処方してもらうよりも安くなったりとメリットも多いため、シフトしていったのは必然だったのかもしれません。

現在では様々な個人輸入代行サービスがあり、それぞれのサイトを見てもらうと分かりますが

日本語表記がメインとなっているので外国語の読み書きが出来てなくても問題ありません!

サービスの利用方法は、通販業者によって違いがあったりしますが根幹部分はネット通販の代表であるAMAZONなどと全く同じ感覚で利用することができます。

輸入注文までの流れは

1.欲しい商品を探して

2.カートに欲しい数を追加して

3.決済する。

という3ステップだけ。

AMAZONなどの利用も上記と同じですよね。

たったの3ステップだけで、指定の睡眠薬が自宅や郵便局まで届くのを待つだけ。

簡単に自分が欲しいと思う睡眠薬をパソコンやスマホでどこからでも簡単に輸入できるので、とても役立ちます。

通販サイトで簡単に格安で購入

通販(個人輸入代行)のメリットは簡単さだけではありません。

簡単に手に入れることができる以外にも、

処方箋や医師の診断書が必要ない

病院に比べて安く購入できる

といったメリットがあります。

通常、睡眠薬に限らず医薬品は医師から処方されるものですから、患者の希望はあっても必ずその希望が受け入れられるというワケではありません。

たとえば、「この薬が欲しい!」と医師に伝えても、その医薬品によって何かしらの問題が発生してはいけないので処方も慎重になるわけです。

そのため、患者の希望が受け入れられるのは、ジェネリックを希望した時だけといっても過言ではないほど。

処方してもらう治療薬を患者側が指定するといったことは基本的に不可能なわけです。

しかし、通販では医師の処方箋を必要としないため、自分が求める治療薬を輸入することができます。

更に、ジェネリック医薬品も取り扱っていたりしますし、その中にはまだ日本では認可されていないものもあったりします。

そのため、希望の医薬品を処方箋なしで手に入れられる上に、ジェネリックなどがあれば更に大幅に費用を抑えられるといったメリットがあるわけです。

法律的に問題ないの?

医師の処方箋無しに医薬品を輸入することは法律的に問題ないの?と考える人もいるでしょう。

そうした不安は誰もが持つものだと思います。

現行の法律では個人使用を目的として海外から医薬品を輸入することは薬機法(旧名:薬事法)でも認められています

そのため、違法性は何もありません。ただし、個人使用を目的とした輸入であっても、輸入自体が禁止されている医薬品も存在します。

向精神薬である、アモバンやデパスといったものがその代表となっています。

基本的に通販を利用する場合、輸入が禁止されている医薬品は取り扱っていなかったり、取り扱い中止になっているので気づかずに輸入してしまうという事もありません。

しかし、通販の中にはそうしたことを把握したうえで取り扱っているケースもあるので、利用する通販選びを慎重に行う事が大切です。

また、通販で医薬品を手に入れる場合は全て海外からの発送となります。

手元に医薬品が到着するまでにかかる時間が非常に長いという特徴もあります。

多くの場合、1~3週間ほどとなっているため利用するタイミングと到着までの時間を計算して利用する必要があります。

通販を利用する上での注意点

通販で医薬品を手に入れられるのは非常に便利ですが気を付けるべきポイントもあります。
それが、通販で輸入した医薬品を第三者へ譲渡することです。

先ほどもお伝えしましたが、医薬品の輸入は個人使用を目的としての場合のみ認められています。

ですから、家族であっても自分以外の人に譲渡したり売買するとその時点で違法となってしまいます。

また、通販は簡単に利用できることから購入や服用に関しては自己責任になるので、通販を利用する場合は事前に医薬品についての知識をつけておくことが重要です。

睡眠薬を通販で手に入れる時の方法や、メリットデメリットなど様々な情報に関しては「初心者も安心!睡眠薬通販のすべて」でも詳しく紹介されています。
初めて睡眠薬通販を利用するという方は、まずは上記のサイトで様々な通販に関する知識を得た上で、利用するようにするとより安心して通販を利用でき、睡眠薬を使った不眠症改善が可能です。

また、上記のサイトには、様々な睡眠薬を使った人の口コミ情報も豊富にあるので、より自分に合う睡眠薬を見つけるのにも役立ちます。

睡眠薬をもっと知りたい!

睡眠薬

症状に合わせた睡眠薬選びが重要。その種類を知ろう。

メカニズム

睡眠薬ってどんなお薬?その効果とメカニズムについて

薬を飲む

睡眠薬の効果が副作用に?正しい睡眠薬の飲み方について

スマートフォン

通販で購入できるオススメの睡眠薬とサプリメント4選

市販薬

市販されている睡眠薬は正確には睡眠薬ではない?